病気や怪我など健康問題に悩みを抱えている方へ


『病は気から』と人は言います。

これはあながち迷信ではないのです。

 

 

思春期に初恋の人とお話しする瞬間、胸がぎゅっと痛みませんでしたか?

両親や会社の上司などにお小言をいただくと、胃腸に不調が生じたりしませんか?

 

 

体の各部分には各々に各々の思い込みを溜めています。

 

初恋で痛む心臓は愛を感じます。

ストレスで痛む胃腸には、幼い頃から繰り返し感じてきた辛い思いが溜まっています。

 

 

目にも皮膚にも骨にも各臓器にそれぞれに思い込みが溜まっています。

 

 

溜まっている思い込みが愛に満ち溢れポジティブなものならあなたは健康でしょう。

しかし、それがネガティブなもので、もう耐えられない状態になってしまったら・・・・

 

 

 

 

体はあなたに訴えているのです。

 

早く気付いて!早く幸せになろうよ!

 

 

 

たとえば私も、視力が低く、学校の黒板が見えず、数学が大嫌いになりました。(笑)

 

私は真実を知ることが恐かった。真実を知ることから目を背けていました。

その思い込みに気付くことができたら・・・・視力が上がっていました。

(目は真実を見る問題に関係している臓器です)

 

 

 

繰り返し発症する膀胱炎は、幼い時から蓄積された怒りを解放することで、ぴたっと治ってしまいました。

(膀胱は憤りに関する問題に関係する臓器です)

 

 

 

いずれにしても、思考が現実を作っているとしたら、

 

あなたの不調はあなたに都合がよくて起こっています。

 

あるひとは、病気になったおかげで愛するだんなさんが看病してくれ、一緒にいれるようになったとか。

 

潜在意識がそう望んでいるから現実になっているとしたら、病気でいるほうが都合が良いのです。

 

 

あなたの不調の原因はあなた自身にあります。

 

あなたの身体からのメッセージに気づいてみませんか?

 

華蓮が「電話のスピリチュアルセラピー」にてあなたのお手伝いをいたします。

 

 

 

華蓮の

電話のスピリチュアルセラピーの

ご案内は→コチラ